menamomi.net   高幡観音へのトレッキングと植物観察、岩石観察

君田温泉21番館前集合 (1) ←この番号は地図の位置

君田温泉21番館前集合

君田温泉に集合した参加者は受付をすませ今日の日程の説明や注意事項、 案内するスタッフの紹介を聞いています。

神之瀬峡森林環境インストラクター協会 2012年 募集内容

  •  6月24日(日) 高幡観音へのトレッキングと植物観察、岩石観察
  1. 定員 20名
  2. 集合場所 君田温泉21番館前 
  3. 集合時間 午前8時30分
  4. 会費 1000円
  5. 申込先 君田温泉  電話 0824-53-7021 FAX 0824-53-2119
  6. 申込期限 行事の1週間前
  7. 昼食 希望者には850円のお茶付弁当を準備
  8. 天候 雨天決行

新石原橋の神之瀬川で地質の説明 (2)

新石原橋の神之瀬川

9時8分。ここは16000万年前海の底だったところ、カメの化石イシハラオオスッポンも見つかっています。 化石は庄原市比和町の博物館にあります。

地質をガイド

岩石に詳しい卵山さんが鯨の化石なんかもこの上流で出たと説明。

高幡観音への登山口 (3)

高幡観音への登山口

東山林道を車で登り 9時40分高幡観音への登山口に到着。ここから役1km。20分の山歩きで目的地に行きますが植物を見ながらゆっくり 上ります。弁当の到着をまって10すぎにここを出発。左に杖がおいてあります。

樹林の中の植物観察

樹林の中の植物観察

会長の豊原さんが植物の名前を紙に書いておいておくので後から来た人もよくわかります。後のインストラクタもそれで説明します。 花の少ない時期なのであらかじめ調べた花の写真もあり分かりやすいです。いちばん後のガイドが紙を回収します。 ガイド5人参加者20人です。右の写真はヤブレガサ。

高幡観音 (4)

高幡観音

11時28分高幡観音の岩屋洞窟に到着。ここは鎌倉時代以前からある山岳霊場だといわれています。 昭和の初期竹下という法印がここに住み霊現・祈祷をここでしていて遠くからの参拝者もあり多数の石仏が寄進されていますが今は無人です。

高幡観音岩屋まわりの風景 (4)

高幡観音岩屋まわりの風景

左上の写真は岩屋のちかくにある2mもある16面観音。サワギクがさいていました。

高幡観音岩屋の前で記念撮影 (4)

高幡観音岩屋の前で記念撮影

12時30分高幡観音岩屋前で食事のあと記念撮影をしました。このあと50m上の山頂をめざします。

高幡山山頂から下山 (5)

高幡山山頂から下山

12時54分高幡山山頂665m三角点確認。眺望は北側の林間から櫃田の宮原付近の橋が少し見える程度。 一路杉林の中を下山。幹周2.8mのハリギリの大木が山頂ちかくにありました。

君田温泉で解散 (3)→(1)

takahata9.jpg(128897 byte)

13時41分林道まで下山。整理体操参加者の方に指導してもらいました。14時20分車で君田温泉に帰り解散しました。

space

top

神之瀬峡INDEX

end

space

right ending spacer

right ending spacer

right ending spacer

高幡観音へのトレッキング地図

オレンジ点は車で移動 赤い点は徒歩

takahata10.jpg(557424 byte)

このWebの[由来][歴史][年賀状]     CopyRight(c) 2012 menamomi.net